スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
「私とテオとカフェ」27。
「私とテオとカフェ」27。


トランクショーの楽しみの一つとして、様々なデザインと自分の顔との鳴り?みたいなものを楽しむのも、大きな部分かと・・・。

でも、ウチがこのブログで、いつも書いているように、デザインを手にとって見ながらかけて鏡を近くで見ると、以外に似合っているのに引いてしまうことも多いのではと・・・。


以前にも書いたとは思いますが、出張の眼鏡屋の頃にご年配のお客様がメインだった時、比較的遠視の方のほうが強いデザインを好む傾向にあったのが印象的で、近視の方は近くでしか眼鏡が見えないせいか、どちらかというと、保守的でなんとなくな感じになりがちだったようとれました。

たぶん、これは老舗の眼鏡屋さんも詳しいところかと思いますが、日本人がかなりの確率で近視の眼鏡を愛用していることを考えると、表情に対して、もっと自然な眼鏡を見ていただくためには、この壁は非常に重要なような・・・。


ウチ在庫で例えると、いつもBRABOになってしまうのですが・・・苦笑、ここのところ楽しんでいただくためには、重要なところだと思うので、再び書いておこうかと・・・・。


BRABOで見る
ネタですか?(コレ前も書いた文章ですが・・。)と言いたくなってしまうそのフォルム。
かけてと言われても、たじろぎそうな形。

BRABOで見る2
かけようと、顔に近づけても抵抗あり・・・・・。


BRABOで見る3
鏡でアップ・・・・うあッ!・・・ちょっと・・・。


でも、遠目で・・・・。
BRABOで見る4


ちなみに眼鏡をかけていない僕の顔。
BRABOで見る5
こうみれば、ラインの意味、必要性、どう魅せたい眼鏡なのかなどなど、僕の顔の変化を通して、バランス良く引かれたラインであることが置いてある時と違ってご理解いただけるかと・・・。

それにしても、素の顔、スミマセン・・・・。


theoの魔法のようなラインは、合うものをチョイスすると、不思議と顔までデザインしてくれます。

これはどちらかというと、極端気味ではありますが、こういう感じに以外にわかりづらいけどご自分に対して理想的なラインなものも、たくさんあるのがtheoかなと・・・?。


今回、楽しんでいただくために、コンタクトレンズ以外の方で、ご予約を検討されている方には、お店同様、お声をかけていただければ、極力、客観的な写真をお撮りしようかと考えています・・・今のところ・・・もちろん、写真データはご確認いただいた後、その場で消します。


それともちろん、これはほんの在庫の中での一例で映え方は、クラシカルだったり、ナチュラルであったり、先進的であったりと、とりあえず多岐にわたるので、一滴ももらさず楽しんでいただくために、もうちょっとなんか工夫できたらと今も思案中です。




お読みいただき、ありがとうございます。



この特集は「私とテオとカフェ」のカテゴリーを用意しましたので是非ご覧下さい。
イベントの内容については、こちら!






ブログランキングに参加してみました!
メガネ情報・ファッション情報満載です。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ


スタッフブログ”メガネで毎日を楽しくしましょ”もご覧下さい!!



アイエルウエア 茨城県土浦市荒川沖西2-5-4 TEL:029-804-1978


「私とテオとカフェ」  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。