スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
眼鏡占有量?からみたデザイン(末広がり型?編)。
眼鏡占有量?からみたデザイン(末広がり型?編)。


以前、スクエア編をやりました。

今回は、イマイチ玉型の名前がわからなかったので、こんな名前になってしまったのですが、最近ではこんな感じの種類もあると思います。

僕的には本来、”ジャンルわけ”というのはきっと好きではないようなんですけど、あえてジャンルから見てさらに奥の深さを感じてもらい、リムの厚みだけでなく全体の構図も楽しんでいただけたらと・・・・。(いつも書いているように、実際にかけた時の直感が一番かと。)
たぶん、デザイナーさん達も、そういう視点でもエンドユーザーの欲求に応えようと努力されているのではと・・・・。


パッチリ3
左から右に行くにつれて、末広がりの玉型の顔に対する眼鏡占有量?が、大きくなってます。
これだけでみると、サングラスデザインが大きいものが多いのも納得できそうです・・・。





パッチリ2
まず、レンズの中の目が見えるだけで、目もふまえたデザインの重要性を感じさせてくれます。
ブランドはバラバラなんですが、さすが、それぞれどれもまとめてくれます・・・。





パッチリ1
そして、フレームのカラーもふまえてさらに、それぞれの特徴をだしながら、魅せたい雰囲気を確立させているような・・・。




もともと、この末広がりな玉型は、ツリ上がり気味の眉(女性に多め)にとてもなじみやすい玉型と思うのですが、眼鏡占有率?の大きいのや、小さいのもかけかえの楽しみの一つになるかと・・・・。


※左からTHEO、Eye'DC、J.F.REYです。



ブログランキングに参加してみました!
メガネ情報・ファッション情報満載です。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ


スタッフブログ”メガネで毎日を楽しくしましょ”もご覧下さい!!

その他  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。