スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
眼鏡占有量?からみたデザイン(スクエア編)。
眼鏡占有量?からみたデザイン(スクエア編)。




今回、ちょっと具体的に構図、顔に対する眼鏡占有量?からスクエアにてデザインを見てみようかと・・・・。


四角構図
僕がいつも勝手に言っている眼鏡占有量?はコンナ感じで、顔の面積に対して眼鏡がどのくらい占めているかみたいなものです。
これ以外にも、スクエアだけでもいろいろあるとは思いますが、一応今回は、正方形に近い小さめの長方形、長方形細、正方形に近い大きめ長方形の3種類でみてみようかと・・・・。



次に、フレームへ・・。

まず、カラー情報をなくして、ラインのみで・・・。
四角構図2
この時点で、その構図のメリットデメリットを微調整して、よりバランス良い構図を求めているのが感じられます。
そしてもちろん、”スクエア”といっても、デザイナーならではの演出の仕方がそれぞれ反映していて、それぞれ魅せたい印象を上手くプラスしているものです。

ここで、一人一人の顔構図にどんな雰囲気で鳴るのかが現れてきます。


そして、色づけ。
四角構図3
素材特徴、色の浮き沈み、構図、肌色とのバランスが加わって、良い雰囲気になり、服とのあわせもより楽しく、深みもだせそうです(写真は同じ服ですが・・・)。




※いつもながら変な顔でスミマセン・・・・・・(苦笑)。
※眼鏡は、左からTHEO、Eye'DC、CUTLER AND GROSSです。



ブログランキングに参加してみました!
メガネ情報・ファッション情報満載です。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ


スタッフブログ”メガネで毎日を楽しくしましょ”もご覧下さい!!

その他  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。