スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
作風の不思議。Eye'DC編。
作風の不思議。Eye'DC編。


昨日のブログから、もうちょっと掘り下げてみようかと・・・・。


そして、アイディーシーからいきます。



基本、アイディーシーは、作品通して、バラバラな造形、フェイスなのにかけるといつも雰囲気に色気みたいなものが出てきます。
これは、いつもかなり不思議で、どれだけその不思議さが現実のものかをまず、体験していただこうかと・・・。



バーなフレーム
僕も年とったなー・・・・(苦笑)・・・じゃなくて、このフレームを見てもらうとわかるのですが、メチャメチャ眉部が真っ直ぐです・・・。

まず、第一に真っ直ぐだから色気が出るなんて法則はないし、むしろ、真っ直ぐなのに色気みたいなものが出る?というところがポイントなのと、この作品の置いてある時のビミョーな形をみれば、なにかに似ているみたいなものもないというのも一目瞭然で、そしてそんなに、この真っ直ぐなフォルムばかりを創っているデザイナーでもないところまで踏まえて考えると、明らかに法則よりも”デザインのまとめ方”の存在がうかがえます・・・・。

この場合は、工法からなる”真っ直ぐ”というアイデアがあったとして、それをバランス補正をしていって魅力的に演出しているという感じかな?と・・・・。

アイディーシーの他の作品でいっても、表情にアクセントを付ける(工法から表情へのアクセントも含む)という発想から、フォルムをまとめて創りあげるというのがたぶん、アイディーシーの作風かなと・・・。


コンナ角度から見ても、確かにマックスさんが工法アイデアを創出し、ライオネルさんがまとめているというのが事実である(疑うわけではないですけど)ことが痛感できます。


そしてこう考えてみると、楽しさを提供してくれるマックスさん、胸を張ってかけられるようにしてくれるライオネルさんがいるゆえに、Eye'DCであり、その作風なのかな・・・・?。





ブログランキングに参加してみました!
メガネ情報・ファッション情報満載です。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ


スタッフブログ”メガネで毎日を楽しくしましょ”もご覧下さい!!

Eye’DCについて。  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。