スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
理想的眼鏡との出会い方。
理想的眼鏡との出会い方。


僕は昔、神○忍という女子プロレスラーの方に似ていると言われてました(僕はあまりプロレス詳しくアリマセン)。

似ているっていっても顔のパーツの配置なのか、表情なのか、もしくは髪型なのかは詳しく聞かなかったんでわからないですけど、もし顔の構図、色、骨格、大きさが似ているならば、仕事上、女性らしく魅せるものは身に付けないと仮定し、キリッと意思の強く見える男性的映え方をする眼鏡で僕がかけるとカッコイイ系に見えるものなら、たぶん、その方にも似合うような気がします。

逆に、女性らしく魅せるようデザインされたものや、かわいらしく魅せるものなどは、お仕事上、難しいかもと。


たぶん、デザイナーさん達は女性、男性意識して創っているとは思いますが、似合う似合わないは、あくまで眉、目、鼻、口、輪郭、髪型などの構図、色の問題プラスどう魅せるかだと僕は思ってます。


ただこの『どう魅せるか』の演出のできるデザイナーの作品は面白く、例えば、”男性→優しい≒女性→かわらしく”、”女性→キリッとな感じ≒男性→やんちゃな感じ”と変なねじれた現象みたいなものも起るものもあるみたいです。

MELE変化男性優しいフォルム≒女性かわいらいく。

Eye’DC変化女性キリッと≒男性やんちゃ。

あくまで”映え方に対しての意図のある眼鏡”での話ですが、自分の顔の構図を楽しむ上では、やっぱり基本に帰って、『片っ端からかける』が一番良いかもしれないと・・・・。

できれば、2周するのがベストかなとも・・・。お客様を見ていると、2周目は緊張と同時に『こういうのはダメ』などの思い込みみたいなものも解けるせいか、柔軟になって構図的に似合うものを他人に言われてではなく、自ら楽しめるみたいです・・・。

ちなみに、僕の仕入れの時もどんなものでも、とりあえずかけるというやり方はよく考えると、基本↑コレと同じです。







ブログランキングに参加してみました!
メガネ情報・ファッション情報満載です。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ


スタッフブログ”メガネで毎日を楽しくしましょ”もご覧下さい!!

その他  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。