スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
めがね・・・・買いました。
めがね・・・・買いました。

眼鏡屋として、販売のレンズを選ぶ時、やっぱりそのレンズの特徴をしっかり捉えなければなりません。(当たり前ですが・・・。)

新機構のレンズにどんなメリットとデメリットがあるかをしっかり見極めるためには、自分で長期使用したほうがわかるかと・・・。
あえてどんなレンズかは書きません・・・。

と、いうわけで以前から言っていたJF2180(限定)の最後の1本を購入しようかと・・・!。

しかし、
ここで、”待った!”が入りました・・・・・。
JF2180は結構人気があり、説明の必要性すらない作品なのでもっと、良いのに売れていない作品にしろとのこと・・・・・・。

・・・・また?・・・・・・。

基本、自分でセレクトしているので、自分の顔パターンに似合う用の作品ならどれでも良いのですが、J.F.REYとの出会い的作品のJF2180は、ちょっと欲しかったです・・・・。


そうなると、僕の中では決まっているフレームがあります。
それは、Eye'DCのV666です。

私物化V666
この作品は、当ブログの登場回数も多く、かなりオススメ的な眼鏡なんですが、非常に薄くたよりなさげ(笑)なせいか、なかなかお嫁入りしないフレームです。

で、このままだとただ『売りたいからオススメなんじゃ』と思われかねないので(笑)、前から自分で購入しようとは思っていました。



レンズを入れてかけるとコンナ感じです。
私物化V666かけ
存在感が強いのに全然ボッタくない、とことんスクエアなのに優しい雰囲気、手に取るとペラペラなのに(笑)、レンズが入ってかけると上質な感じになるというこのお店系の人にしかイメージしづらそうな『出来上がりパーフェクト』的なのがこの作品のイイトコロかと・・・・。

自分で購入したということで、思い切ってヘッドバンキング(へヴィメタルなどで、観客がする頭を激しく上下に振る行為)をしてみましたが、一つもズレマセン。

以前書いた、軽くてピタっとフレーム(異常に軽い)でもあるので想定どおり、メチャクチャズレないです。



アニバーサリー的なJF2180の購入の夢は残念でしたけど、フェイス感のあるスクエアを持っていなかった僕としてV666は、ちょっと玄人チックで満足してます。

後はレンズがどうかな・・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここでちょっとお知らせです。

荒川沖に『葡萄酒造ゆはら』さんというお店(ネットショップ)があります。

全国的にも数少ない、豊富な知識と本物セレクトの本格派ワインショップで、作り手の想いと確かなクオリティーをこと細かに店長さん自らが発信してくれるメルマガなどもスゴイです!

google検索で「ゆはら」でもトップに出てきますが、うちのブログにも今回リンクを追加させていただきました。

ワイン通な方も、これからワイン通になりたいという方にもオススメです!



ブログランキングに参加してみました!
メガネ情報・ファッション情報満載です。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ


スタッフブログ”メガネで毎日を楽しくしましょ”もご覧下さい!!


Eye’DCについて。  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。