スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
鼻パット。
鼻パット。

軽い、ずり落ちづらい、圧迫が少ないというフレームの大事な要素は、今やある程度のものなら当たり前な世界になってます。

もちろん、ウチにあるブランド達のほとんどが、軽々クリアしている要素です。(カトラー&グロスは、僕が思うに、オサレ武装的眼鏡(笑)なので、他よりは、若干重くて最初はキツイかなと?完全合理主義の方にはあまりオススメはしません・・・・)。

今回は、たまにお客様に言われて思い出す『軽さ』という点が生かされる鼻パットに注目してみました。

J.F.REY鼻J.F.REYの鼻パット
EyeDC鼻Eye'DCの鼻パット
テオ鼻THEOの鼻パット
どれも、ピタッと張り付く感じのする鼻パットです。

しっかりくっつく分、変色はしますが取替えもきくので、結構調子いいです。


作品のなかでも、基本軽ければ軽いほど、このピタッと吸い付く鼻パットの効果は絶大になっていきます。
慣性の法則じゃないですけど、重いとそこに居座ろうとする力が強く、急激に動くと重いほどズレます。逆に軽いほど動きに対応し、それに加え、くっ付く鼻パットの摩擦のおかげで、ほとんどズレないという感じかなと・・・。

軽く、鼻パットグリップ、+フィッティングは結構よくできてるなと・・・。
(中にはフィッティングに苦戦するものもありますが・・・・笑。)


ちなみに、鼻パットの原型は日本人が編み出したと言われています。
今では、世界のほとんどの眼鏡についていると思うと、ちょっとカッコイイです・・・。




ブログランキングに参加してみました!
メガネ情報・ファッション情報満載です。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ


スタッフブログ”メガネで毎日を楽しくしましょ”もご覧下さい!!

その他  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。