スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
眼鏡作りテンプルその前に・・・。
眼鏡作りテンプルその前に・・・。

前回、テンプル創作にとりかかった所、やっぱりどうしてもイメージがわかないということで、もう少し、フロントを詰めてみる事に・・・・・・・。

今まで、フロントはただのくり貫き状態で、実際、初回のトライ&エラーの時もこの状態で、眼鏡にしてもらったわけなんですけど、なんかベッタリした雰囲気があると思ってました。

なぜ・・・・なぜ・・・・・と考えていても仕方ないので、試しに、前回失敗したフロントを使ってもっと出来上がりに近く仕上げてみようかと・・・・・・・・・。


自作カーブありなし横から
フレームカーブは、温めて自分の手でエイっと曲げて、後は削って立体的に・・・・。

自作カーブありなし
表は、あのツルンとした雰囲気を変えたくないので、裏側で陰影の調整と映え方を操作できないものかと、イロイロ削っていきます。

鼻盛は高さだけをだすために、傷だらけになった削りなおし用にとっておいたモノをペタっと・・・・。

自作カーブかけ
この2枚の写真は、シェイプ自体若干違うので、カーブと削りのせいかは特定しづらいのですが、少なくともカーブで顔に立体感がでてきたのと、鼻盛と削りで線が繊細になって顔に映る”影”が軽く?なった感じがします。

裏側のシェイプもかなり映え方に影響するのがわかり、テンプルの必要な太さやデザインがなんとなくイメージできそうです・・・・・。

もともと”ライン”的には、左のモノのほうが完成度が高いので、『早く仕上げたい』という意欲がでてきました・・・。




と、関係ない話なんですが
糸井重里さんのサイト『持田香織さんめがねをえらぶ』というコーナーがあったので、ご紹介します。

というのも、ポップミュージックについて、メッポウわかっていない僕なんで持田さんについてはあまり詳しくないのですが(・・ファンの方、スミマセン・・・。)、藤さんという方『メガネスタイリスト』の企画らしく、その藤さん自体、以前からとても気になっていた方で、その藤さんのブログもいつも拝見させてもらっていて気付いたものです。

ウチがJ.F.REYをとり始めた頃、確か有名セレクトショップの店長さんで、当時ショップの人の転身を注意深く観察していたのですが、藤さんはドイツの”フロスト”に移り、そして現在のメガネスタイリストなるものをつくってしまうという、想像を超えた方向性ある転身劇に正直ビックリして僕の中で、ついつい動向が気になる人の一人になってしまったのです・・・・(笑)。

僕の勝手な想像の中で、”フロスト”からのこの転身、すごく納得いきます。(もちろん、フロストが良いデザインであるということを考えて・・。)


提案されるメガネはウチにあるない関わらず、かけ手に対してどれも納得いくセレクトで、そのセンス、行動力は業界でも明らかに飛びぬけた人の一人だなと・・・。


マイペースに頑張っていただきたいです!!


是非、チェックしてみてください。
みなさんの持っているメガネもでているかも・・・・・・・。






ブログランキングに参加してみました!
メガネ情報・ファッション情報満載です。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ


スタッフブログ”メガネで毎日を楽しくしましょ”もご覧下さい!!

トライ&エラー  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。