スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
番外編。アンティークサングラス。第1話・・。
番外編。アンティークサングラス。第1話・・。

未だ、度無しサングラスの取扱いのない当店。

サングラスについて今のところ知識が薄いのと、眼鏡を充実させたいという気持ちのもと取り扱っていません・・・・・。

今回、義理の姉がフランスに行かれたということで、御土産にアンティークサングラスをいただきました。

ありがとうございます。

いただきました
販売はしませんが、販売物でないという滅多にない条件なので、よく見ていきたいと思います。

3本とも、ほんのり石油の香り?がするので、まずアセテートでなくセルロイドであることはかなり確率が高いと・・・。

べっ甲柄の2本については、MADE IN FRANCEと書いてあります。
もう1本についても、まず鼻幅、鼻盛のなさからしてアジアデザインではないでしょう。

ヨーロッパは、早くからセルロイドの『自然発火の可能性の高さ』という特徴から、アセテートに切り替えていると聞きます。(取扱いを気をつければ燃えるものではないとは思いますが。)

ゆえに、結構前のものかと・・・・。


第1話は、このモデルを見たいと思います。
カリメロ

独特な形をしています。


カリメロ蝶番
5枚蝶番で、かなり劣化しています。


カリメロテンプル
カクっと曲げられた耳にかける部分、テンプルの状態から前のオーナーさんは、顔が細いのではと・・・。



で、かけてみると・・
カリメロかけ

まとまりがキレイなんで、結構上手なデザイナーさんかなと。
ちなみに、テンプルにはなにも書いてありません・・・・。
(昔は書かないものが多かったそうです。)




長くなってしまうので、第2話に続きます。



ブログランキングに参加してみました!
メガネ情報・ファッション情報満載です。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ


スタッフブログ”メガネで毎日を楽しくしましょ”もご覧下さい!!


その他  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。