スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
僕が書きますPart9!?
僕が書きますPart9!?



ずいぶん空いてしまいましたが、

僕が書きますPart6で言っていた無駄の少ないレンズ

シェイプについてです。



無駄が完全に無いレンズシェイプは、表情のある人間にとってほぼ無理なのと、美しさのなんとやらが分かる、世界最高峰のオプティークデザイナーが『貴方だけに似合う眼鏡をデザインしますよ』というシチュエーションが難しいのとで(それはあったらラッキーと思ってください。)無駄の少ないレンズシェイプをピックアップさせていただきます。


今、日本に流通している眼鏡のデザインは、すごーく大きく分けると、3人称のデザインと2人称のデザインです。






3人称のデザイン・・?。

デザイナーなど?がこの人にもあの人にもダイタイ似合うようデザインしたもの。

主に量を作って安く販売する時に有効。

絵が下手ですけど、例えば

3人称近
目と目が近いAさん



3人称目と目が遠いBさん



2人称はと・・・?。

デザイナーが例えば、Aさんに似合うデザインをしましょう。
近PD近
Aさんの眼鏡をデザイナーが、『小ぶりで無駄の無い知的な感じ』というテーマでデザインしました。




さて、これを著しく目の幅が違うBさんがかけると
遠PD
アレっ!おかしい。むしろひどい・・・。



じゃあそのまま大きくしよう!!
拡大
アレっ今度は、『小ぶりで知的』ではないぞ!!

よし!!鼻幅を広げてみれば!!
ブリッジ伸ばし
絵だからいいけど、実際はかなりおかしいぞ!!



もういい!!Bさんにデザインしよう!!!
遠デザイン
オオッ確かに、小ぶりで知的だ・・・。


こんな感じです・・・。


そして、この感性と言えば、テオのデザイナーパトリックフートさんです。

『パーソナルな眼鏡』(個々の眼鏡)
をテーマとする彼は、こうした2人称で、白人、黒人、黄色人種と、目が離れている人、目が近い人等の個々の違いを縦軸とするならば、そんな人達が、華やかに魅せる、優しく魅せる、面白く魅せる、上品に魅せる等を横軸にした豊富なバリエーションをデザインするデザイナーである。


日本人とヨーロッパ人の顔の違いは?


ヨーロッパに多い白人、黒人は、主に頭の骨格が前と後ろに長いとは良く聞きます。

それと、鼻の高さ、ほりの深さなど。

でも、眼球の大きさは、人類みな24mm前後でほぼ違いが無く、テオのように、目と鼻の部分のデザインが大事ならば、日本人とヨーロッパ人の顔の違いより、ヨーロッパの国々の人の顔の違いのほうが人種が多いだけにはるかに違うような・・・。

フィッティングすればわかると思いますが、日本人にもほりがすごく深い人と、全然ない人もいらっしゃいます。



ちなみに先ほどの絵で書いたAさんのデザインが美しいとすれば
外人
同じ位の目の幅の顔の細い外国人Cさんがかけても美しいのでは・・・。




テオのピックアップなのに・・・。

写真を1枚も載せませんでした・・・。

下手な絵で申し訳アリマセンでした。







ブログランキングに参加してみました!
ヨロシクお願いします。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへranking



THEOについて。  CM(0) TB(0)

COMMENT


 管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。