スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
僕が書きます。Part8
僕が書きます。Part8

”僕が書きます。Part6”の『眼鏡工房育ちのアドバンテージ・・・・・』や『このジャンルで彼を超えるには・・・』など少し何が言いたいのか分からなかった方も多いと思います。

単純に、何が言いたいかというと、立体造形的な眼鏡をデザインするには、僕的に、多くのトライ&エラーが必要なのではと思っています。

例えば、今の技術なら画面上でかなりリアルなデザインはできるとは思いますが、画面上で美しくても、かけた時にいい雰囲気にするのとでは全然違うものに仕上がると思うからです。

一、太陽光や蛍光灯対、肌に映える色
二、顔のバランスに対するリムの厚み
三、そのものがチープになったり高級な雰囲気になったりする素材感
四、顔にのらないと分からないレンズシェイプとデザインの奥行き
などなど

顔にのせるものだけに多くのトライ&エラーは必要なのではと・・・。






僕のトライ&エラー!?

眼鏡のデザインではないのですが、当店の眼鏡什器は実は僕が作っています。
経費削減と、飽きっぽい性格もあっていつもやっているのですが、なかなか納得いくものができません。
画像 013
これは、以前倉庫型テナントにいた時に作った什器です。

”和”がテーマだったのでこんな感じですが、なにせ、ビスは出てるは、照明の関係で眼鏡がベタッと見えるは、背の低い方は届かないはとサンザンでした。



画像 028
J.F.REYの取扱いの時に作った什器です。

”お城の石垣?”がテーマなのですがこれも、色を変えたり、つやアリにしたりイロイロやりました・・。



画像 030
Eye'DCの取扱いの時に作った什器です。

カエルがトレードマークのブランドなので、”庭の池”ですかね・・・笑。


画像 027
そして、これはBOZの什器です。

”日本の屋台”ですかね・・。



でも、ココまで作ってみて、大変なことに気付いてしまったのです・・・。

同じ状況下に置く、安価なフレームとハウスブランドのフレームは明らかに違うのに、作った什器によって見え方にバラつきがかなり出るということに・・・・。

ビックリして、都内のスリープライス店や量販店を覗きに行くと、ナント、すごく高級そうに見えるのです。

そして、アイウエアブティックも覗かせてもらうと、ナルホド!!蛍光灯、スポット、バックの色、当て方、室内光量などのイロイロなバランスが重要だったのに気付きました。

これは、取扱ブランドのデザイナーさんに悪い!!と、反省し、ひとまず、カトラーアンドグロスの取扱いと同時に、見てきた成果を試してみようとまた作ってみました。

画像 029
フェイスが特徴のあるカトラーアンドグロスなだけに、なんとなくお店っぽくなったと思いきや、アクリルで天板をつくっていたので、ホコリと傷がすごくなっていったのです。


そして、荒川沖に移転です。

一から十まで作るので、ここまでの総決算と意気込んでみました!!


05(1)
元、某洋菓子屋の内装を一人で地道に崩して生きます。


5gatumatu1.jpg
そこに什器の下地を作っていきます。


0603.jpg
そこに別に作っておいた什器を固定します。

0606(2).jpg
壁を作ってうめ込み什器に・・・。

0613.jpg
そして、ヨーロッパの”暖炉”のデザインをモチーフとした化粧を加えます。


画像 047
これで大体できあがり!!  と思ったのですが、なんか落ち着かなくてもうチョット!!


店ホール新

これが現在です。
都内の高級アイウエアブティックよりは、若干室内が明るめではありますが(明るくても取扱ブランドはキレイだぞーという意味で)、二、三の課題は残るものの今現在の僕のスキルでは、こんな感じかなというデキです。

正直、時々何屋サンか分からなくなります・・・(笑)

ただ、やればやるほど取扱ブランドデザイナーの方々のすごさが痛感させられます。

美しさを追求するのは、センスがいるだけでなく根気もいるものだなとも本当に思います。




そして、年間100モデルも出す、J.F.REYは『ドンだけ眼鏡が好きなの!』とついつい思ってしまいます。



長々お付き合い頂き、ありがとうございます。

いつも長くてスミマセン!!







eye'l'wearのCMはコチラ


スポンサーサイト

J.F.REYについて。  CM(0) TB(0)
BOZ新入荷!!
BOZ新入荷!!

連発の入荷です!!




レンズシェイプの美しい大きめセルフェイスです!!

老若男女問わず、ブランドもののサングラスをかけるように、

イケテしまう作品です。





LIPSOS 緑金LIPSOS 緑金


LIPSOS 黒LIPSOS 黒


LIPSOS べっ甲柄ワインべっ甲柄ワイン


似たようなモデルはよくありますが、シェイプ、セル生地、テンプルデザイン、どれをとってもキレイです。(ファッション的好みは、あるとは思いますが・・・。)

攻めの一本といった感じです。






J.F.REYについて。  CM(0) TB(0)
お祭り!!
アイエル祭り!?

いいえ、違います。


荒川沖西区の祭です。


お店が中荒川沖と西区の境にあるので、お店の前は、すごいです。

昨年は、僕は手伝いに行っていたので知らなかったのですが、6時以降はお車で、入店していただくのはムリかも・・・。





と、いうのも
だしエルウエアー
笛と踊りと太鼓!!正直、楽しいです・・・・。

アイエル神輿
そして、神輿!!カッコいいです!!

ずんどこ
お店の前で繰り広げられる!!ずんどこダンサー!!

という風にお祭の真ん中となっていたのです。

今日、来ようと思っていた方には、認識不足で本当に申し訳アリマセン!!


ちなみに

明日も6時までなら、お車でも大丈夫です。

電車なら通常どおり大丈夫です。


最後に・・・・。

アイエルまつりー

アイエルウエアーもちゃっかり、手作り眼鏡チェーンを販売しています。

是非、お祭りも一緒に遊びにキテクダサイ!!

地域情報  CM(0) TB(0)
本日・明日は荒川沖西口のお祭り
本日7月26日(土)と27日(日)は、荒川沖西口(八坂神社)のお祭りです。

eye'l'wearの前の通りが18時から歩行者天国になりますので
ご注意下さい。(駅前ロータリーから荒川沖交番まで)

ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願いいたします。

駐車場はいつも通りご利用いただけますのでご来店お待ちしております。




地域情報  CM(0) TB(0)
またもや新入荷です!!
またまた!!新入荷です!!

今回もJ.F.REYです!!

詳しい方や、常連さんはご存知だと思いますが、短い納期で3ヶ月、長い納期で半年、油断すると、一年近くかかり、(新作か旧作か、もうワカラナイ・・・?。)そして時々、一週間納品のJ.F.REYです。

まだ、正直、仕入れのコツが全くといっていいほどつかめないのが、このブランドです。
(もう3年目になるのに・・・。)

だから、全国的にもツチノコ状態になったり、多く取り過ぎると、大量にはびこったり本当にムラのある作品達です(笑)。

ただ、その分、いつも本当にアートな作品なのは、間違いないです!!


つくりの美しい

サイバーでフォーマルな、

          アンダーリム!?



JF2269 ゴールドJF2269 金色


JF2269 シルバーJF2269 銀色


JF2269 黒 JF2269 黒


いけちゃう方なら”オン”でもいけるアンダーリム。



BOZの美しい造形美!!

KESKYA オレンジ少し白KESKYAオレンジ+少し白

KESKYA 黒少し銀KESKYA黒+少し銀

KESKYA 青紫KESKYA青+紫

KESKYA 緑紫KESKYA緑+紫


かけてみると、少しスパイスのある美人眼鏡と、いった感じ。


そして、素直にエレガントのLORETTE

LORETTE 黒LORETTE黒




そして、最後にBOZの今作の飛び道具!!

LOUNA.jpgLOUNAピンク+白

確かに攻めてはいますが、似合う人は、本当に美しいです。(買う買わないは別として・・・笑。)


まだ入荷ラッシュは続く予定ですが、
気になる作品があったらお早めに・・・・。



以上、入荷情報でした!!



J.F.REYについて。  CM(0) TB(0)
第4回荒川沖DO!!すっぺ祭
荒川沖DO!!すっぺ会からのお知らせです。

今年も第4回荒川沖DO!!すっぺ祭が
(8月17日、荒川沖小学校にて)行われます。


前回のサイトで作ったCMができましたのでぜひみて見てくださいねー。
追加情報などは荒川沖DO!!すっぺ会のブログとうちのブログでもお知らせしていきますのでお楽しみに~!




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

第4回DO!!すっぺ祭 by shishiさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー






地域情報  CM(2) TB(0)
eye'l'wearのCM?
こんなのみつけたのでつくってみましたー!



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

eye'l'wear by eye'l'wearさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー







リクルートのカンタンCM作成サイトだそうです。
http://cmizer.com/

面白いので皆さんもチャレンジしてみては?






恥ずかしいくらいわざとらしくなっちゃいました(笑)。

動画CM集!!!!  CM(0) TB(0)
BOZ新入荷!!
BOZ新入荷!!

J.F.REYのセカンドブランドのBOZ入荷です。

2本だけですが強烈です・・・・・・。

今年度のキングオヴエレガント!!こんな英語あるかな・・。


カプリス ショッキングピンク2

カプリスの赤白です!!



カプリスベージュ
そして

白ゴールドです!!


今年度のデザイン賞受賞作品だけあって、美しいです。
ちなみに、当店ではこのほかに赤オレンジ、黒、紫がありましたが、売り切れました・・・。


J.F.REYについて。  CM(0) TB(0)
新入荷!!
何か届いたようです!!

新着がなかなかなかったeye'l'wear!!
つらい日々が続いていました。

オッ!!!これは・・・。
届き物ベルギーからの贈り物!?

開けてみると・・・。
贈り物
たかがダンボールなのにイチイチかわいいTHEOです。
今まで眼鏡業界にいてこんなにかわいい梱包用のダンボールは見たことアリマセン!!
トコトンこだわるセンスを感じさせます!!



MELEメレ グレー茶
言わずと知れた、究極のフォーマルメタルフレーム『MELE』です。
茶のリピートと、当店初のダークグレイです。
ダークグレイは、濃い目の顔立ちの方に、ソフトな印象を与えるカラーです。



DUCHESSダッチェスワイン黒
女性は美しく、男性は都会的なフォーマルに変身する当店の看板にも揚げられているモデル。
黒のリピートと、当店初のワインの到着となります。


LOCOロコ茶
男性、女性ともに、包容力あふれる大人のフォーマル。
茶のリピートです。



LEPINEレピン茶
顔の印象をかなり変える上に、テオ特有の高級感プラスという面白いフレーム。
当店新顔です。
写真は茶色です。

入荷って本当に楽しいです!!



THEOについて。  CM(0) TB(0)
古ーい眼鏡
古ーい眼鏡

僕は、お客様の要らなくなった眼鏡を、集めるという変な趣味を持っています。

古い眼鏡を眺めていると、当時の技術や、デザイン、流行などいろんなメッセージが聞こえてくるのが楽しいからです。(ちょっとおかしいかな・・・。)

でも、全然使っていない眼鏡にはあまり魅力を感じなく、極力よく使われていたものの方が、実際の耐久性の仕組みや、頭の形にどれだけなじむ変化をしてるかなどの隠れた魅力に迫れるからです。

では、一部をお見せします。

べっ甲サーモント
本物のべっ甲サーモントフレームです。

よく見ていただくとわかるとは思いますが、ブロー部分が、虫にくわれています
保存状態に気をつかわないとこうなることが一目瞭然でわかります。
ただ、セルと違ってこんなに時が経っているのに、すごいツヤです!!
ハッキリ、いつ買われたものかは特定できないものの、ご本人様いわく、だいたい3,40年くらい前だと言ってました。

昔婦人高級
婦人モノのフレームです。

多分、貴金属、時計、眼鏡店時代と、デパート神話の頃ではないかと思われます。
大きな丸いフレームでプラス鎧部デザインが凝っています。

ブロー昔
典型的なブロー

これも多分、同時期の紳士モノなのでは・・。

そして、時代は本格的な量産時代へ・・。
量販メタル
ブロー系が姿をひそめた頃のメタルフレーム

昔婦人
少し簡易になり始めた眼鏡

メガネの○○○等の分かりやすいチェーン展開がやたらと増えてきた時代。
めがねを作る機械もかなりオートメーション化してデキもよくなり、量を買えるチェーン店が圧倒的有利になる時代が訪れました。

大きなロットを生産するために、よく売れるレンズシェイプのものを大量につくる時代です。

この頃になると、僕も眼鏡業界に足を踏み入れているのでよくわかりますが、顔の大きい人は、顔にあったデザインではなく、『フレームサイズは○○です』、とか、選ぶ基準は、『枠アリ、上だけ、枠ナシ、どれがお好みですか?』といった感じでした。


といったように、(最後は思い出話みたいになってしまいましたが)
モノづくりから見る時代は結構面白いものです。

最後に

最近は、アパレルなどの他業種や先述した量販店などが日本以外のアジア生産で、格安めがねを展開しています。

大義名分は、低コストの徹底で国民に還元といったところでしょうか。

そして、更に西日本の某所で最近、3本で5千円!?という店があるそうです。



価値観は人それぞれではございますが・・・。

視力矯正の器具であり、尚且つ、顔を飾るものである上に、
目を見て話すものだとは思うのですけど・・・。






 

でも、デザイン先進国のヨーロッパでは良いものは良いとして宣伝しなくても売れるらしく(MODEオプティークVOL26THEOクルト氏インタビュー記事より)、広告費勝負の日本もこの時代の流れから考えるに、いずれ変わっていくのではないかと・・。



その他  CM(4) TB(0)
アンティークWAREHOUSE & OLDFRIEND荒川沖 Summer Sale
当店も改装でたびたびお世話になっている、日本最大級のアンティーク展示場WAREHOUSE
(ウェアハウス)とOLDFRIEND(オールドフレンド)荒川沖さんにて、今年もサマーセールが行われます!



20080709162721s.jpg




期間: 2008年7月18(金)~21日(月)の4日間
時間: 10:00am~6:00pm(アンティークWAREHOUSE総合展示場
     9:00am~7:30pm(OLDFRIEND荒川沖)



詳しくはWAREHOUSEスタッフぶろぐで。




当店店長の同級生でもある、おなじみトレコロさんも出店されるようですー。

普段から気になっているあのアンティークやこのアンティークなど・・・を手に入れる絶好のチャンスですねー。

地域情報  CM(0) TB(0)
僕が書きます。Part7
僕が書きます。Part7

ついに王道を買いました!!
今まで、J.F.REYやEye’DCは、入荷のスピードの都合とお客様優先のため、王道から少しハズシタ眼鏡を僕は買っていました。

が、

○入荷が早い
○カラーバリエーションが多い
○かける人によって、雰囲気が変わる

というカブってもサホド影響がないと考えられることで、王道に挑戦しました。

それは・・・。
THEOアルメニアンというモデルです。

アルメ
THEOのフェイスに多くのデザインが施されているものの中でも、最も有名且つ、2割増しのいい男フレームとして知られるアルメニアンです。

このモデルは、当店がTHEOと契約する前から、僕が感動していたモデル(常連さんにはよく話していたかも・・・。)で、置いてあると『こんなの誰がかけるの?』や、『ウルトラセ○ン?』など思えてしまいますが、それがすごいのナンノッテ・・・。

まず、THEOのスゴサから

○フィッティング
アルクリングス
このたっぷりクリングスは、僕みたいに、鼻が低かろうがしっかり頂点間距離を確保してくれる上に、鼻パットの吸い付きもかなりイイ。

アル先セル
カワイクそして調整しやすい先セル。

アル鎧
耳の高さ、傾斜角など眼鏡店にはとても優しい鎧部分。

と、ここまでは普通の良い眼鏡です。

○レンズ対応

レンズは中心が一番精度が高いのはご存知かもしれませんが、一般的には、薄くすればするほど周辺部の歪みが生じやすくなるものでもあるのです。

特に、遠近両用などでは、周辺部の度数のちゃんと出ない部分が多く、大きなレンズにすればするほど、ユレなどを感じやすくなるのもよく言われる話です。

THEOはレンズが非常に小さいです。

そして、ただ小さいだけではなく、レンズが小さいのに関わらず、大きな眼鏡をしているように魅せるデザインであったり、遠近両用が入ったりしても、目元を綺麗に演出してくれます。


で、アルメニアンはと・・・。

僕は、-6.50の近視です・・・。

このぐらいの近視だと、眼鏡をしたほうがカッコいいとか、カワイイとか言われたことはないハズです。

更に、『お店でカケタ感じと全然違う!!』とか言う、いくら眼鏡のデザインが良くても出来上がりガックリも多いハズ!!


近視店長
お食事中の方、申し訳アリマセン!! これが-6.50の近視です。(目から12mmぐらいです)

ナイ店長
ノッペリとした僕の顔・・・。

アル店長
アルメニアンをかけた僕の顔。しっかり度入りです。
小さいレンズ
アルレンズ
1.70両面非球面超撥水コート(当店では、両眼34、650円)を使っているものの、レンズ幅46mmとかなりの小玉で、かけた時の近視を目立たなくする。


鼻部分のデザイン

アル鼻デザイン
僕のノッペリしているアジアっぽい顔を、デザインを施して感じさせなく魅せる。

立体感のある顔の方には、茶・ベージュのカラーをオススメします。

少し嬉しさ自慢もありましたが、これがアルメニアンです。

その他にもかわいく魅せる、優しく魅せる、フォーマルに魅せるなどTHEOは、近視の方にはたまらないハウスブランドであるという一面も持っています。


THEOについて。  CM(0) TB(0)
カケテミタ第7弾!!
カケテミタ第7弾!!

J.F.REYセカンドコレクション
BOZです!!

この間、お会いした時にジャンフランソワレイ氏が『日本人男性は、【BOZ】を好む人が多いですね』といってました。

基本的に動植物をモチーフにした『BOZ』。『J.F.REY』のサイバー華やかと違って、少し優しい感じのレンズシェイプと遊び心溢れたフォルムが特徴なだけに、一応女性向けにデザインされているそうです。

確かに当店でも、『BOZ』は、半々の割合で男性も買っていただいてます。

包容力溢れるクラシックブームと、『BOZ』を見ていると共通点として、「今は、肩の力を抜いたレンズシェイプなのかな・・。」と感じる今日この頃です・・・・・・・・。

KIBBOU シルバー、黒ともに、フレームのみの税込価格¥44、100-

KITTY フレームのみの税込価格¥42、000-

KIBBOU シルバーフレーム
KIBBOU シルバー

KIBBOU シルバー


KIBBOU 黒フレーム
KIBBOU 黒

KIBBOU 黒


KITTY フレーム
KITTY

KITTY.jpg




J.F.REYについて。  CM(0) TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。