スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
Eye'DCセルフレーム入荷
新作ではありませんが、Eye'DCの名作セルフレームV546カラー3色が入荷しました!

画像 029

フェイスにべっ甲カラーのセル生地を張り合わせた透明感のあるデザインです。
かなり色がうすいので、実際にかけた時もとても綺麗です。



画像 030

ピンクという難しい配色にも関わらず、チープさを全く感じさせないのは、このモデル特有の立体的なカットとセル生地の美しさあってこそでしょうか。



画像 031

定番のべっ甲カラーだけに、デザインの良さを感じさせます。
べっ甲生地自体も、かなりコントラストが強いので、掛けた時により雰囲気が出ます。
スポンサーサイト

Eye’DCについて。  CM(0) TB(0)
Mode Optique Vol.25
現在発売中の眼鏡専門誌 Mode Optique(モード・オプティーク) に今回も『テオ東京百景』が掲載されています。

★Mode Optique Vol.25(P. 62-66)




他にも、当店ではおなじみのJ.F.REY、Eye'DC、CUTLER&GROSSも掲載されています!



ちなみに今回の特集は「春色megane」。
車、ネクタイ、コスメなどのカラーから色を考えようという・・・。

当店のお客様で、特に女性に多い気がしますが、「今日は○色」とか「前回は○色のを買ったので、今回は○色にしよう」と形ではなく色を決めて眼鏡を選びに来られる方が割と多くいらっしゃいます。
皆さんいつもメガネ選び自体をとても楽しんでいらっしゃる方たちです。
「私はこの色は似合わない」とか固定観念にとらわれるのではなく、明るい色の洋服を着ると気分まで軽くなるように、メガネもそうであったら楽しいですよね。

ただし、明るい色の場合、浮いてしまうようなら美しくありません。
ましてや顔に掛けるものだからなおさらだと思います。

また、レンズにもカラーはありますが、カラーレンズを入れなくたって、フレーム自体が美しければそれだけでじゅうぶんではないでしょうか。
選ぶことから楽しい、そんな春色メガネ、当店がオススメするヨーロッパブランドのデザイナーが得意とするところです。
白やイエローなど、一見浮いてしまいがちなカラーのフレームでも、美しくデザインしてしまうその実力にはいつも感動してしまいます。

ちなみに、私のお気に入り眼鏡カラーは紫とグリーンです。(もちろんデザインが美しいのが前提です)
女性の場合、紫は美しくエレガントに、グリーンは元気にかわいいイメージでそれぞれ大好きです。
掛けたことが無いという方はぜひお試しください!



雑誌・メディア掲載情報  CM(0) TB(0)
新作セルフレーム!!
お久しぶりです!Eye'DCのシルモ展発表の新作セルフレームが入荷しました!
ひとつ大人のセルフレームを探している方にオススメな新作です。





V731、4色4本です。表と裏で2カラーのセル生地が使われています。
こちらも黒1色ではなく、裏にクリア混じりの黒い生地が張り合わせてあります。



DSC_0006.jpg

さすがEye'DC。セル生地もデザインもめっぽう綺麗です。



DSC_0005.jpg

紫とブラウンの組み合わせ。美しい配色です。



DSC_0001.jpg

なかなか珍しいアップルグリーンですが、XITも含めEye'DCのグリーンはいつもかわいいです。



DSC_0014.jpg

見て見て!! 先セル(耳にかける部分)のモチーフはカエルちゃんの水かきです。



DSC_0017.jpg

掛けやすいバネ丁番。いつもその軽さに定評のあるEye'DCらしく、このセルも軽いフィット感です。






Eye’DCについて。  CM(0) TB(0)
雑誌掲載情報
ブログ担当の美由紀です。休暇中ですが、お店に顔をだしたので、久しぶりに更新します。

現在発売中の以下の雑誌に当店取扱ブランド「THEO」の商品が掲載されております。
見かけたらぜひ見てみて下さいね!





★ZINO 5月号(P. 188-189)
雑誌LEONの生みの親であり、自身も5~6年前から眼鏡はテオひとすじ!という岸田一郎氏が、テオの魅力を語っています。

「大人のモノ選び」のカリスマともいえる彼ですが、こんなことが書いてありました。

「私もいい年(今年56歳を迎えます)なので、周囲から「それっておととし流行りましたよね?」と言われるのも気恥ずかしく、無闇にトレンドを追えなくなっているんです。しかしテオは、小ぶりながら圧倒的な存在感のフォルムで自分らしさを主張できるし、ミドルエイジに心地よい洒落っ気をも備えています」


世界中で「メタルの王様」と言われるTHEOですが、実際にどんなところが魅力なのか、本当に理解している人は少ないと思います。

ですが、そこはさすが岸田氏!
自身もテオの眼鏡を5本所有しているというだけあって、テオの本質を見抜くセンスには脱帽です。




「目を見て話せる」大人の方々と、これからカッコいい大人になろうとする男性女性の皆さんに、eye'l'wearがオススメしたいブランドです。


雑誌・メディア掲載情報  CM(0) TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。