スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
一時、休業のお知らせ。
20年3/23日、荒川沖駅の事件により、事件発生から解決の時間のみ、お客様の安全のため、その旨をお伝えし、一時閉めさせて頂きました。

わざわざ、お越し頂いた方には、大変ご迷惑をおかけいたしました。

尚、現在、犯人逮捕の確認がとれたため、通常どおり営業させて頂いております。
スポンサーサイト

お店情報  CM(0) TB(0)
テナントオーナーに恵まれる!!
今回、僕が書きますPart4

以前も書いたように、昨年7月にeye'l'wearは、つくば市から土浦市に引っ越してきました。

つくば市にいた時は、カムデン国際マーケットという倉庫型テナントにいました。(たぶん、常連さんや長くブログを見て頂いている方はご存知かとは思いますが・・。)

その時も、テナントオーナーさんには、かなり自由にやらせていただくなど、通常のテナントではありえないほど良くして頂きました。

そして、現在も土浦市荒川沖のこのテナントオーナーさんにも、またまた、かなりお世話になってしまっています。

お弁当
ブログ運営のスタッフが長期休暇をとっていて、ひとりで店番をしていると・・・。お弁当を持ってきてくれたりして頂いています。(おいしかったです。本当にありがとうございます。)

と、言うわけで何かお力になれないものかと思い、お節介かとは思ったのですが、こんなお人柄のオーナーさんが運営する、同テナントにある川真田駐輪場をご紹介したいと思います。

----荒川沖の駐輪場なら川真田駐輪場へ!!----

DSC_0155.jpg
eye'l'wearの横を看板どおりに進むと・・。

DSC_0156.jpg
受付中にポスト下のインターフォンを押すと、明るく元気な奥様が、受け付けてくれます。そして、なにより、窓口右下の空気入れ常備と、これなら安心。

DSC_0157.jpg
1F、2Fがあります。

1ヶ月、1F2,400円、2F2,000円だそうです。




最後に、荒川沖DO!!SPE会のブログも更新しました!!今回は"姫宮神社”についてです。是非、ご覧ください。








地域情報  CM(0) TB(0)
新着情報!!
到着!!

小包
んっ!?なんだこの小包は!!

あれっ?フランスからの航空便だ!!・・・てことは・・・。

J.F.REY到着です!!
2181.jpg
J.F.REYのベストセラーモデルJF2181の新色です


2184 
ベストセラーJF2184の一見前にもあったように見えるけどこの型のこの色は茨城初上陸です。


そして待ちに待った新作!!

他のブランドが、”派手なのは流行らない”からといって、コノテのフレームを造らなくなった現在(・・・あれっ!ハウスブランドってもともと小ロットで流行関係なくて、美しくてパーソナルなものじゃなかったっけ・・・?。)、J.F.REYは、やってくれました。


JF2252
2252.jpg
今回は黒のみの到着、後ほど全色届く予定。

2252鎧
コレ鎧?

すごい旧作でも新着!?

1075.jpg
JF1075この型のカタログに残っているカラーはコレのみ。

1060.jpg
JF1060この型は、この二つと下の写真の緑のみ

かなり古い旧作で、全国的にもあまりないんじゃないかということと、生産終了の気配が感じられる商品なのであえて入れてみました。
J.F.REYにしては、蝶番部分以外はいたってシンプルなつくりです。(色は派手だけど)

1060ポイント
上から見た蝶番部分





J.F.REYについて。  CM(6) TB(0)
今回、僕が書きますPart3
ブログ担当は、まだ帰ってきません・・・。

eye'l'wear in 荒川沖

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、当店がつくば市から土浦市に引っ越してきて、半年が過ぎました。
まだまだ、お客様の比率が遠方8割、近く2割といった現状です。

そんなある日・・・。

近くの方という、ご年配の方が当店にいらっしゃいました。
『度つきのサングラス』と『老眼鏡』が欲しいとのこと。

都内や、各地方都市のセレクトショップもそうかとは思いますが、このシンプルなご要望ほど気合が入ります。それは、だいたいのセレクトショップがフレーム価格帯として、約3万~6万というせまいプライスゾーンなので、『より高い値段』でというより、『より良く、似合うもの』の提案の方が得意としているんではないかと・・・。

ましてや、個人店ともなると仕入れから販売までやるので、世界のデザイナーさん、もしくはエージェントさんなんかから、『どう演出するための眼鏡か』、『ドーユー顔の人に似合うか』など直接聞いているはずなのに、なかなかそれを発揮する機会が少ないお店も多いと思うので・・・。。

で、相当気合を入れてお選びした結果、サングラスはイギリスのカトラー&グロスに決まり、老眼鏡は、ベルギーのTHEOか日本のカメマンネンかに絞られまして、ご本人様のご要望によりカメマンネンに決まりました。

カト・亀


レンズは、特にメーカー希望が無いそうなので、サングラスは国産で薄型1.60非球面(比重1.30、アッベ数42、ハードマルチコート)+超撥水コート、UVカット付にサングラスカラーのレンズと、老眼鏡は同メーカーで、遠視ベースのため超薄型1.70非球面(比重1.41、アッベ数36、ハードマルチコート)+超撥水コート、UVカット付のレンズに更に、玉型加工をして薄くするという、メーカー重視ではなく、機能性重視でセレクトさせて頂きました。(もちろん、それ以外でもメーカー重視でもご提案できます。)

で、お値段はというと、二本レンズ合わせて税込9万615円です。(高いか安いかちょっとわからないかもしれませんが・・・。?)

納品日。
ついに出来上がってきて、ようやく納品となります。
お客様も、見え方と軽さ、薄さ、鏡の中のご自分と、ご満足のようで・・・。
そして、僕もお客様の笑顔に満足でした。















CUTLER AND GROSSについて。  CM(0) TB(0)
今回、僕が書きますPart2
茨城の世界クラス

眼鏡とは全然関係ないですけど・・・。

皆さん、FC-FIVEというバンドをご存知ですか?

茨城県出身のハードコアバンドで、世界のアチコチでライブをしているそうです。
全米ハードコア・シーンを代表する、HATEBREEDやTHROWDOWN、BANEらとの国内ツアーで存在感をあらわし、台湾で行われた「FORMOZ FESTIVAL」という一大イベントにも出演してきたそうです。

そして、なによりもアメリカはもちろん、世界中のハードコア・バンドが出場したがるアメリカ、ニュー・ジャージーで行われる「Hellfest」のメイン・ステージにも出演。(ロードランナージャパンによると、おそらく日本人初とのこと)2005年8月。

国内でも昨年、ベテラン、スカコアバンドKEMURIや今をときめく9mm Parabellum Bulletというロックバンドとの3バンドのイベントを開催するなど精力的に活動している。

音楽ジャンルがジャンルだけに、県内でも知らない方も多いとは思いますが、茨城県、そして日本のサブカルチャーも捨てたものではないということも覚えておいてクダサイ・・・。


fc.jpg
お店に遊びに来たときにちゃっかり掛けてもらって写真を撮らせてもらいました。
左)ボーカル トミー 右)彼女 (ちなみに左J.F.REY、右THEO)


ハードコアってどう聴くの?

せっかくだから聴いてみようと思ってくれた方に、一言。

正直、『聞く』というより、『見る』をオススメします。
その証拠に、アメリカやアジア、ヨーロッパの人達は、曲も知らないのに盛り上がってるそうです。

ニュアンス的には、音楽を聴くというより、日本の祭りで御神輿を担ぐのを見ていると、その迫力に熱くなってゾクゾクする感じに近いです。(僕の中では)

それでも聴いてからという方に
僕が聞いて理屈的に言うと、疾走感、グルーブ感、ストップ&ゴー、アッと言わせるアレンジがベース、ドラムのリズム楽器のスゴサで、ギターは、もの悲しい旋律とロックで大胆な旋律の融合が魅力。

そして、最後に演歌が基本となる日本人の感性で、一番難しく感じるのが、シャウト(叫び)のボーカル(ボーカルなのかな・・・?)。

僕的には、よくライブでアーティストが曲のはじめに曲名を叫んだり、ハイテンションで語ったりするの(一番オイシイトコロ)が、ずっと続いてるみたいな感じで捉えているんですが・・・。

ハードコアの中のボーカル(トミー)の魅力としては、強さと弱さを感じさせるシャウト(叫び)と、真面目で熱い人のような地声っぽいウッタエカケです。

何より、海外で揉まれて成長し続ける、骨太な演奏全体が魅力です。

わかりづらかったかな・・・。

最後に
結成当初から知っている僕も含めて、みんなに『世界ツアーなんて絶対無理だよ』と言われ続けた中、それを二、三年足らずで実現し、今尚、成長し続ける姿は、バンドとしてだけじゃなく、人としても強い影響を与えてもらっている今日この頃でした・・・。?

               ---ナンカ終わりがヘン?



その他  CM(0) TB(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。